TVMS

鳥取ヴァイオリン製作学校 TOTTORI VIOLIN MAKING SCHOOL



tvms_logo

岡野壮人主催により、2011年開校された山陰初の弦楽器製作学校、ヴァイオリンを専門としたプロフェッショナルの職人を目指し学べる学校です。
師弟制度で定員は1年間に4名まで。製作に伴う材木や道具の扱い方から始まり、4年間でヴァイオリンの製作、調整、修理、修復までの「基礎」を学びます。当校ではヴァイオリン製作に関する基礎技術と人間学を中心に授業を行います。雑用を中心とした作業になりますので基本的に何でもこなさなければなりません。中卒、高卒、やる気があれば年齢不問です。



okano

鳥取ヴァイオリン製作学校校長
岡 野 壮 人

当校ではヴァイオリン製作を通して精神も修行していただきます。ヴァイオリンだけ製作出来ればという方はお断りです。そして、当校の学びの場に合わせた指導スタイルに学ぶ本人とご両親ともに合わせて頂きます。考え方を良くしていきヴァイオリン製作の技術を高め一流の職人を目指していきたいという方が当校の門をくぐることができます。いくら能力が高くなろうとも考え方が良くならなければ素晴らしい職人になることは絶対にありえません。当校では整理、整頓、清掃、清潔、躾の5Sを中心にして作業に取り組み勉強していきます。入学する生徒だけではなく両親の考え方も同様です。「必ず4年間修行に耐えさせます」といった覚悟を持っていただかないと難しいです。現在当校4年間の修行をクリアして卒業できた生徒はおりません。一度決めたことは最後迄絶対やり通すと強い意志を持った方だけが入学でき卒業できます。

 

1981年
鳥取県倉吉市で生まれる。
1995年
ヴァイオリン製作に興味を持ちヴァイオリン奏法を学び始める。
2000年
無量塔蔵六※主宰の東京ヴァイオリン製作学校入学。
2004年
卒業。無量塔蔵六の下、楽器製作に専念する。
2006年
プロイス弦楽器マイスター工房に勤める。Andreas Preuss の下、
楽器製作、修理、修復の技術を学ぶ
2007年
2年にわたり、夏の間フランスにて研修を積む。
2009年
鳥取にてアトリエを構える。
2010年
鳥取県内にて弦楽普及活動を行う。岡野ヴァイオリン教室 開校。
2011年
Tottori Violin Making School 開校。
2013年
みささ美術館、館長就任。
2015年
正式に名称変更が決まる「三朝バイオリン美術館」となり、会社を法人化。



tvms

入学条件

Ⅰ      第一次試験 入学願書を提出(書類選考になります。)
Ⅱ    第二次試験 面接(両親同伴)
Ⅲ   第三次試験 実技

Ⅰ〜Ⅲの試験を合格した者に入学が認められます。

 

授業料

入学金 1,000,000 円 (道具代含む)
授業料 月80,000 円 (4年間)

 

■ 学 校 概 要

学校概要